桧家住宅 hjスタイルeco 軸組在来工法

日本古来から愛され続けている檜は、日本特有の湿気に強く虫がつきにくい成分も含有し、高級木材として使われています。檜から発散される成分フィトンチッド(芳香成分)が住まいと人の健康に役立ちます。桧家住宅では、環境問題にも目を向け、地球温暖化防止の為に、CO2削減、省エネ効果が得られるオール電化住宅・外断熱工法を奨めています。

データ

100年愛される家づくりを支える施工技術

データイメージ

“住宅は消耗品ではなく資産である”との理念から「耐久性の高い家」を目指しています。「耐圧版基礎(ベタ基礎・土台工法」「スーパーフレーム工法(剛床工法)」「オリジナル耐力面材」など、耐震性・遮音性・耐火性に優れた木造住宅としては最高級の、こだわりの構造躯体を全棟採用しています。

基礎断熱(アクアフォーム)

データイメージ

床下が室内とほぼ同じ温度を保ち室内は冬でもあたたか。基礎断熱は1階の床下ではなく基礎周りで断熱と気密を行う工法です。床下は断熱気密ゾーンの内側になるので室内とほぼ同じ温度になります。夏場など、天井裏に空気の層が有ると空気の層がクッションになって室内温度があまり上がらないのと同じように、冬場などは床下を冷たい風が通らない上に、空気の層がクッションになって底冷えや室内温度が下がるのを防ぎます。

hjスタイルecoとスタイルブック

データイメージ

「hjスタイルeco」のテーマはECOと優しさ、環境への優しさは勿論のこと、お財布や暮らしにも優しい住宅を提案したい。そんな気持ちからECOに関する商品を数多くセレクトしました。また注文住宅は価格が見えにくいという声にお応えして、施工事例や標準仕様・オプション価格まで明示した「hjスタイル・ブック」を発刊。これから家づくりを考えている方は必見のバイブルとなることは間違いありません。